HOME>イチオシ情報>ケアプランを考えるためには、実務経験が必要
看護師

経験を活かせる仕事

ある程度経験がなければ、パートのケアマネとして働くことは難しいです。なぜならば、ケアマネの主たる仕事というのは、それぞれの介護サービスの利用者に対して、ケアプランを考えることにあるからです。そのため、パートという働き方を希望するのであれば、それまでに経験を積んでおく必要があります。ケアマネになるためには職務経験が求められます。それまでにスキルを身に着けておいて、仕事ができるようになってからパートへ転職という方法を考えましょう。未経験からパートを希望しても、事業所側が任せられないと判断し、採用を見送られることもあります。パートで働くためにも、経験は重要です。

職場によって環境が異なる

ケアマネージャーを必要とする職場は様々です。一般的なのは、老人ホームに所属してケアマネージャー説いて働く方法です。この場合、経験があればパートへ転職して働くことも不可能ではありません。老人ホームに所属して働く場合は、入居者を対象としたケアプランを考えることになります。経験があれば、入居者の日常生活などを総合的に判断して、ケアプランを考えることになります。パートであっても、ある程度経験がなければ仕事は勤まりません。

きめ細やかな視点

ケアプランを考える立場上、介護サービスの利用者の視点に立ってきめ細やかな介護サービスを提供するという姿勢が求められます。ケアマネの実務経験があれば、パートという雇用形態での仕事は可能です。パートへ転職する場合には、採用の際にそれまでのケアマネージャーとしての職務経験が採用に影響を及ぼします。面接の際には、今までケアマネの立場でどのような仕事に携わってきたかを、きちんとアピールできるかどうかが重要です。

広告募集中